さて、皆さまは”RPA”という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
日本国内では2017年には大ブームが始まり、今では、RPAは、AIやIoTと並び、誰もが一度は耳にしたことのある最注目ITワードとなりましたが、まだまだ深い知識は無いという方や、AIとRPAの違いや関係性が分からない、という方も多いようです。
今回はその”RPA”について書いていきたいと思います。

①RPAとは?

RPAというのは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称で、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれます。
ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する仕組みです。
人間と共存し、業務を分担することによって売り上げに寄与する働きが期待されます。

②RPAによるメリット

RPAは創造性が必要な業務や属人性を求められる業務、コミュニケーションが必要な業務はできませんので、ルール化できる作業をRPAが担うことで、人間はより「人間にしかできない仕事」に力を注ぐことができます。
RPAと人間がそれぞれの能力によって最適な棲み分けを行えば、最低限の人件費で売り上げ拡大を実現できます。
また、RPAは、人間と同レベルのサービスと品質を人間以上の迅速性と正確性をもって実現し、人間が1日8時間働くところ、RPAは3倍の24時間働き続けます。
RPAの速度は、人間のパソコン操作速度の約3倍です。
RPAの導入と維持にかかるコストは、派遣社員一人を雇用するより遙かに低く、コスト削減も期待できます。

・膨大な量の仕事を迅速にこなすことができる
・作業が正確で、エラーがほとんど発生しない
・コスト削減
・パワハラやセクハラなどの人間関係トラブルが発生しない
・業務外におけるコミュニケーションやスキンシップが不要

そこで、皆様にご紹介するのは、国内シェアNO.1の「 WinActor ®」です。
「 WinActor 」は、NTTグループにより開発された純国産「RPA」ソフトです。様々な業界・業種において、定型業務の省力化や作業効率と品質の向上に貢献し、人材を付加価値の高い作業へ最適配置する手段として、お客様より多くの評価を頂いております。その幅広く導入しやすく、導入後も安定して利用しやすいという特徴から、おかげさまで800社を超える企業様にご活用いただいております。(2018年2月末現在)
複数パターンのロボ作成方式の組み合わせと、フローチャート方式でのロボ作成手順により、複雑な業務処理にも柔軟な対応が可能です。

01.あらゆるアプリケーションに対応!
Windowsで操作可能なソフトに対応しています。IEやOffice製品、ERPやOCR、電子決済、個別の業務システムや共同利用型システムまであらゆるアプリケーションの操作を自動化できます。

02.特別な環境構築は不要!
PCへインストールするだけですぐに使用可能です。
インストール作業も簡単です。

03.充実したサポート
スターティアレイズの認定技術者がご質問やお悩みにお答えいたします。
導入後のフォローも万全です。
WinActorの「RPA技術者検定」も用意されており、幅広いレベルの検定でお客様の技術習得をサポートしています。

04.低コストから導入可能!
まずはトライアルからスタートし、徐々に機能を導入頂けます。ご自身の企業に最適な形で導入いただくことができます。

次回はWinActorについて詳しくお伝えしたいと思います。